お知らせ

2021年12月09日

 12月に入り、寒さが一段と厳しくなってまいりました。

管理物件入居中の皆様の中には、年末年始にお部屋を長期間空ける場合もあるかと思いますが、給湯器の凍結防止対策を行っていだたきますようお願い申し上げます。

 

①ブレーカーを落とさないよう(OFFにしない)お願いします。

ブレーカーを入れておくと、給湯器の凍結防止機能が働き破裂を防ぎますので留守中でも給湯器の電源は切らず、コンセントは抜かないでください。

 

どうしても電気の通電が心配な方は

②の水道管・給湯器の水抜きをしっかりして電気をOFFにしてください。

寒い時期に長期不在でお風呂やキッチンで給湯しないで水の流れが滞っている場合、ガス給湯器が凍結してしまう恐れがあります。

尚、お引越し後退去立会い日まで期間がある場合などは『水抜き』を行ってください。

 

追焚のある給湯器の場合は、浴槽の配管上2~3cmまで水をはってください。

給湯器によっては、センサーが働き配管の水を動かす機能があります。

給湯器メーカー等によって水抜きの方法は異なる為、ガス会社に必ずお問い合わせの上水抜きを行ってください。

 

※給湯器の熱電源が故障している場合は、ガス業者へご連絡して交換してください。

 

※凍結防止は借主様(入居者様)で管理・実施していただきますようお願いします。

万一、破損予防処置をとらなかったために水道管・給湯設備が凍結し、破損・故障させてしまった場合、修理交換費用は借主様(入居者様)負担となります。 

 

また、現在コロナウイルスの影響により給湯器が品薄状態となっております。

現在の給湯器が壊れた場合、交換工事に日数を頂く場合がござますので、

何卒凍結防止対策のご協力をお願い致します。